「1/1も欲しい!」ということで入手!|’93 UNISIAJECS Side :A|スカイライン GT-R R32 Vol.2|ハチマルレースモデルの超絶技巧

オレンジとホワイトのカラーリング ’93 UNISIAJECS

【スカイライン GT-R R32  Vol.2】

 鮮やかなオレンジとホワイトのカラーリングが印象的なユニシアジェックス・スカイライン。長谷見昌弘/福山英朗のコンビで93年にエントリーし(92年はジェックス・スカイライン)、第4戦の鈴鹿で優勝。全9戦で1位1回、2位1回、4位3回、5位3回と、安定した成績を残した(リタイアは1回のみ)。そして長谷見昌弘さんの人気もあり、カルソニックに匹敵するほどの注目を集めたGT‐Rだったのだ。

 この車両のオーナーである戸部隆宏さんは、子供のころからGT‐Rにあこがれていたという、長年のGT‐Rファン。そして幼少のころからミニカーを収集しており、現在は3万台を超えているそうだ。なかでもユニシアジェックスのミニカーがお気に入りだったのだが、個人売買でユニシアジェックスカラーのGT‐Rが売りに出ていることを知り、「1/1も欲しい!」ということで入手。そして実車に少しでも近づけるべく、カラーリングもカッティングシートではなく塗装で施工。サスペンションも変え、細かい部分まで徹底的に作り込んだという。

Vol.3、Vol.4、Vol.5、Vol.6、Vol.7、Vol.8に続く

SPECIFICATIONS
1990年式GT-R
●ナカネレーシングデザイン製2.7Lコンプリートエンジン●ニスモ・ルマンタービン×2●ビルズ車高調●ハセミモータースポーツバケットシート●クスコ6点式ロールケージ●ホイール:SSRタイプF9J×18●タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ03G245/40R18

初出:ハチマルヒーロー vol.19 2012年11月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)



絶妙な車高を実現するビルズのサスペンションなど【写真6枚】


スカイライン GT-R R32 ハチマルレースモデルの超絶技巧(全8記事)


関連記事:スカイライン 記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:AKIO HIRANO/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING