2台の「ターボA」は娘たちの嫁入り道具に|1989年式 スープラ 3.0GT ターボA Vol.3|ハチマルレースモデルの超絶技巧

整然と並んだメーターがスポーツカーらしいインパネ。ステアリングは純正のMOMO製4本スポークで、コラム上には後付けのブーストメーターを設置。なお、ダッシュボードの全体を覆う樹脂製カバーを装着し、ひび割れ対策をしている。

【1989年式 スープラ 3.0GT ターボA Vol.3】

 ターボAのオーナーである石塚佳一さんは、生粋のスープラフリーク。というのも、この取材車両のほかに、70スープラ3台、80スープラ1台を所有しているのだから。

 オーナーがここまでスープラにほれ込んだきっかけは、某漫画の影響やリトラクタブルへの憧れ、そして「トヨタブランドのスポーツカー」ということ。そんな理由から、学生時代に父親に借金してターボAを購入。しかし、「手に入れたものの維持できず、泣く泣く父親にクルマを託したんです」という思い出があるそうだ。



 そして、社会人になっても当時の思いが忘れられず、ターボR、ターボAと乗り継ぎ、約4年前にこの車両を入手。購入時は機関系の状態こそ良かったが塗装のヤレがひどく、2年前に全塗装を施したという。

 現在、石塚さんの手もとには3台のターボAがあるが、うち2台は娘さん2人の嫁入り道具に決定。親子揃ってターボAに乗る日が待ち遠しいのではないだろうか。

ターボAのみに装備される6連メーター一番左側のブースト計など【写真7枚】

Vol.4に続く

トヨタスープラ3.0GTターボA(MA70)主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4630×1745×1300
ホイールベース(mm) 2595
トレッド前/後(mm) 1470/1475
車両重量(kg) 1530
エンジン型式 7M-GTEU型
エンジン種類 水冷直列6気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 2954
ボア×ストローク(mm) 83.0×91.0
圧縮比 8.4:1
最高出力(ps/rpm) 270/5600
最大トルク(kg-m/rpm) 36.5/4400
変速比 1速3.251/2速1.955/3速1.310/4速1.000/5速0.753/後退3.180
最終減速比 3.727
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション ダブルウイッシュボーン(前後とも)
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 225/50R16
発売当時価格 405.1万円

初出:ハチマルヒーロー vol.19 2012年11月号(記事中の内容は掲載当時のものを主とし、一部加筆したものです)

1989年式 スープラ 3.0GT ターボA(全4記事)

関連記事:ハチマルレースモデルの超絶技巧 記事一覧

関連記事:スープラ記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:AKIO HIRANO/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING