EP82ターボは1.5L化にR34GT‐Rタービンでノーマルの倍以上のパワーをゲット!|1995年式 トヨタ スターレット GT Vol.1

1.5L化によってノー マルの倍以上のパワーを絞り出す、サーキットをターゲットにしたリトルモンスター

【 1995年式 トヨタ スターレット GT Vol.1】

ひと昔前のホットハッチには、じつに楽しいクルマがゴロゴロしていた。EP82ターボもその中の1台で、コンパクト&軽量なボディに1.3Lターボエンジンを搭載し、痛快な走りを披露するホットハッチだったのである。ただ、このEP82ターボはケタ違い。1.5L化によってノーマルの倍以上のパワーを絞り出し、サーキットをターゲットにしたリトルモンスターなのだ。

 1980年代にブームとなったホットハッチ。ご存じ、コンパクトな2ボックスボディに元気なエンジンを搭載して軽快な走りを満喫させてくれる、若者御用達のクルマである。残念なことに今では希少な存在となってしまったが、最盛期には各自動車メーカーがこぞってリリースしたほど人気のカテゴリーだったのだ。そんな数あるホットハッチのなかでも、強烈なインパクトを残したのがEP71スターレットターボ。1.3Lエンジンにターボを装着して105psを発揮(後期は110ps)。ライバルたちを置き去りにする抜群のパフォーマンスを披露したのだ。今回紹介するのは、そのEP71ターボの正常進化版としてデビューしたEP82ターボ。手がけたのは、レースで得た豊富なノウハウをユーザーに提供してくれる、埼玉県入間市の「TBS」だ。

サイズ的には現行ヴィッツよりもひと回り小さい、鮮やかなスカイブルーにオールペンされたボディなど【写真7枚】


Vol.2、Vol.3に続く

1995年式 スターレットGT 主要諸元
●エクステリア
トムス・フロントバンパースポイラー&サイドステップ&リアアンダー、社外FRP製ボンネット、
ワンオフカーボンカナード、ライブスポーツワイドフェンダー
●インテリア
ブリッド・フルバケットシート、タカタ4点式ベルト、MOMOヴェローチェφ330mm、クスコ・7点式
ロールケージ、ブリッツ・SBCi‐ColorSpec‐R、デフィ・ブーストメーター&VSD‐X
●エンジン
4E型改1.5L仕様、5E型ブロック&クランク&サージタンク流用、ライジング・ノーマルサイズ鍛造
ピストン&H断面コンロッド、R34GT‐R・N1タービン、3S型スロットルボディ、ブリッツ・インター
クーラー、ワンオフエキマニ&エアクリーナー、440ccメインインジェクター、1.8mmメタルガスケット、
HKS・FコンVプロ、フジツボレガリスRマフラー
●駆動系
AE111純正6速ミッション、クスコ・タイプRS(1.5ウェイ)LSD、OS技研・ツインプレートクラッチ
●足回り
RGベースオリジナル車高調、F16.0kgf/mmR12kgf/mmスプリング、SSワークス・ブレーキ
キャリパーキット(他車種流用)、ZONE・ブレーキパッド(F:03C、R:89R)、レイズ・RE30
(F7J×16、R5.5J×16)、トーヨー・プロクセスR1R(F:225/45R16)、グッドイヤー・LS2000
(R:195/55R16)


初出:ハチマルヒーロー vol.18 2012年7月号(記事中の内容は掲載当時のもの主とし、一部加筆したものです)


1995年式 トヨタ スターレット GT(全3記事)


関連記事:スターレット記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:MOTOSUKE FUJII/藤井元輔 

RECOMMENDED