ランタボ vs ランエボ Vol.3|左ハンドル? 「結果的にあまり手がかからず、快適なカーライフを送っています」国内仕様を乗り継ぎ、羊の皮をかぶった狼「EC仕様」へ|1988年式 三菱 ランサー 2000ターボ(A176)

直線を基調としたシンプルなデザインのインパネ。ステアリングは、イタルボランテのラリーアートバージョンに交換されている。

【ランタボ vs ランエボ Vol.3】

 オーナーの本間正敏さんは、これまでにランタボを3台乗り継ぎ、このEC仕様のほかに国内仕様も所有しているという生粋のランタボフリーク。EC仕様を入手するにあたっては「国内仕様を乗り継いできて、最後はEC仕様に乗りたかったんです」とのこと。

 購入時の状態は、走行距離こそ少なかったものの外装はまったくダメ、そして2年ほど動かしていなかったためにエンジンもかからなかったという。このようなことから、当初は不安ばかりだったが「結果的にあまり手がかからず、快適なカーライフを送っています。雨の日は乗らないようにしていますが、普通のクルマと同じように遠出したりゴルフにも行きますよ」と現状に満足しているようだ。

 ちなみに、もう1台の国内仕様というのは、このEC仕様がまともに動かなかったときのことを想定して手もとに残したという。しかし思いのほか調子がいいので、「3年くらい動かしていません」と本間さん。

 そして最後に「余裕があればイギリスに存在しているというグループ4マシンを手に入れたいですね。」と、ランタボフリークらしい夢を話してくれた。


220km/hメーターや超レアなスポーツオプションシートなど【写真9枚】

ランタボ vs ランエボ記事一覧(全5記事)


1988年式 三菱 ランサー 2000ターボ(A176)主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4225×1610×1390
ホイールベース(mm)  2440
トレッド前/後(mm)  1375/1355
車両重量(kg)  1075
エンジン型式  4G63型
エンジン種類 水冷直列4気筒SOHCターボ
総排気量(cc) 1997
ボア×ストローク(mm) 85.0×88.0
圧縮比 7.6:1
最高出力(ps/rpm) 170/5500
最大トルク(kg-m/rpm) 25.0/3500
変速比 1速3.740/2速2.136/3速1.360
4速1.000/5速0.856/後退3.535
最終減速比 3.545
ステアリング ボール&ナット式
サスペンション前/後 前ストラット式/後4リンク式
ブレーキ ベンチレーテッドディスク(前後とも)
タイヤ 175/70R14(前後とも)
発売当時価格 およそ400万円


1995年式 三菱 ランサーGSRエボリューションⅢ(CE9A)主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4310×1695×1420
ホイールベース(mm)  2510
トレッド前/後(mm)  1465/1470
車両重量(kg)  1260
エンジン型式  4G63型
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1997
ボア×ストローク(mm) 85.0×88.0
圧縮比 9.0:1
最高出力(ps/rpm) 270/6250
最大トルク(kg-m/rpm) 31.5/3000
変速比 1速2.750/2速1.684/3速1.160
4速0.862/5速0.617/後退3.166
最終減速比 5.358
ステアリング ラック&ピニオン式
サスペンション前/後 ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ前/後 ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ 205/60R15(前後とも)
発売当時価格 296.8万円


初出:ハチマルヒーロー vol.18 2012年7月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)


革新の80年代か成熟の90年代か記事一覧(全15記事)

関連記事:ランサー記事一覧

関連記事:ランタボ記事一覧

関連記事:ランエボ記事一覧

text : Rino Creative/リノクリエイティブ  photo : ISAO YATSUI/谷井 功(A176)・ MAKOTO INOUE/井上 誠(CE9A)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING