ケンメリかS30Zを探していたのに、ブルーのアルファにひと目ぼれ! 女性オーナーのジュリア|1969年式 アルファロメオ ジュリア1300GTジュニア Vol.1

アルファ伝統の盾グリルと丸目2灯のヘッドライト、そして、ボンネットの「段付き」がアルファ好きにはたまらないポイント。

【1969年式 アルファロメオ ジュリア1300GTジュニア Vol.1】

 旧車好きのベテランでも、維持にはかなり手を焼くというアルファロメオやフィアットなどのラテン系旧車。その魅力的なスタイルやボディカラーに魅せられ、購入に踏み切った旧車ビギナーのオーナーを紹介しよう。

 旧車のアルファロメオといえば、ボディのサビにはじまり、電気系のトラブル、エンジンからのオイル漏れ、ミッションのシンクロがヘタるなど、手がかかるラテン系旧車の代表のようにいわれているクルマだ。しかも、そういうトラブルがあっても、その魅力にハマるとなかなか抜け出せなくなるという、まさに魔性の女のようなクルマらしい。

 今回紹介する珍しいブルーのアルファロメオ・ジュリアクーペ1300GTジュニアのオーナーは、美容師でお店も経営している女性だ。

Vol.2、Vol.3へ続く

おしゃれな雰囲気のレッド・レザーのシートなど【写真5枚】

1969年式 アルファロメオ ジュリア1300GTジュニア記事一覧(全3記事)

関連記事:アルファロメオ記事一覧

掲載:ノスタルジックヒーロー 2013年6月号 Vol.157(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text :Nostalgic Hero/編集部 photo:MOTOSUKE FUJII/藤井元輔

RECOMMENDED

RELATED

RANKING