低回転では重厚な低音、中〜高回転ではカン高いレーシーなサウンドを奏でる2.4LのS20型エンジン|1972年式 日産 スカイライン HT 2000 GT-R Vol.2

S20型エンジンや足回りのチューニングメニューのほかに、内外装のカラーコーディネート&マイスターCR01履きで定番のワークススタイルとはひと味違うイメージに仕上げた。

       
【1972年式 日産 スカイライン HT 2000 GT-R Vol.2】

 購入時はフルノーマル状態だったが、ハコスカチューニングに定評のある「RSスタート」に車両を持ち込んで、理想のGT-Rを目指してモディファイを開始。まず着手したのは足回りだ。乗り心地とスポーツ走行を両立できるよう、サスペンションには20段減衰調整式のオーリンズ車高調を装着。

 フロントにブレンボの4POTキャリパーキットを選択してストッピングパワーの強化を図ったほか、キャンバー調整用のターンバックル式ロワアーム、ローダウン時のキャンバー角を補正するリアロワアームキャンバーゼロ加工、ワークスタイプのリアスタビライザーなど、RSスタートが得意とする足回りチューニングメニューで「曲がる」「止まる」というクルマの基本性能をしっかりと向上させた。

 S20型エンジンは2.4Lにボアアップされているが、あくまでも気持ちよく街乗りできることを重視して、高回転仕様になり過ぎないようにセッティングされている。

Vol.3に続く


S20型エンジンに鍛造ピストン、I断面コンロッド、フルカウンタークランクシャフトを組み込み、2.4Lにボアアップ。カムは300度とそこそこの高回転型だが、排気量アップによって向上したトルクとのバランスで街乗りからサーキット走行までマルチにこなすセッティング。


中低速トルクを殺さずに高回転までスムースに吹け上がる、RSスタートのオールステンレスデュアルマフラー。低回転では重厚な低音、中〜高回転ではカン高いレーシーなサウンドに変化する特徴的な排気音も魅力だ。


オーリンズの車高調整式ショックは20段減衰調整が可能。街乗りからサーキット走行まで、あらゆる路面状況に対応するしなやかさが魅力だ。直巻きフロントコイルのバネレートは7kg/mm。


リアの足回りには、オーリンズの20段減衰調整式ショックとリア車高調を装着。バネレートは14kg/mmだ。


キャンバー角の調整幅を広げるため、フロントにはターンバックル式ロワアームをセットしている。


フロントブレーキはブレンボの4POTキャリパーキットにコンバート。φ280mmローターを採用しているので、ハコスカ定番サイズの15×6.5Jホイールにも装着可能だ。

1972年式 日産スカイラインHT 2000 GT-R
●エクステリア:可倒式メッキ牽引フック、前後カーボンオーバーフェンダー、カーボンリアスポイラー、LOWライトHID(8000K)、テールランプオールLED化
●エンジン:S20型改2.4L、ボアφ83mm × ストローク73mm、カムシャフト(300度)、鍛造ピストン、I断面コンロッド、フルカウンタークランクシャフト、レース用ウォーターポンププーリー、オルタネーターBlackオルタネ—ター(低抵抗IC90A)、ディストリビューター、オイルキャッチタンク、ブルーポイントプラグ、マスターバック&マスターシリンダーセット7/8、ワークスタイプφ16mmスタビライザー、カーボンタワーバー、チタン製強化ヒーターパイプセット
●吸排気系:ウエーバー45DCOE9(ベンチュリー34、メイン160、エア235、ポンプ45、アイドル50 F6)、100mmファンネル、6-1等長ステンレスタイプタコ足(出口φ42.7mm、集合部φ70mmシングル)、音量切り換え中間マフラー、ステンレスデュアルマフラー
●点火系:MDI-D
●冷却系:3層オールアルミラジエーター
●駆動系:71Cクロスミッション組み替え
●足回り:オーリンズ車高調(20段減衰力調整式、直巻スプリング4kg/mm〜20kg/mm)、ピロテンション強化ブッシュ、リアゼロキャンバーアーム
●ブレーキ:ブレンボブレーキKIT
●タイヤ:ブリヂストン ポテンザRE-11(F205/50R15 R225/50R15)
●ホイール:マイスターCR01(F15×8.5J R15×10J)
●内装:ナルディステアリング、バケットシート張り替え、ユピテルレーダー、ETC、Defi油圧・油温・水温計
●トランク:コレクタータンク、電磁ポンプ

初出:ノスタルジックスピード 2014年11月 Vol.005 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

街乗りからサーキットまで対応可能な20段減衰調整のオーリンズの車高調整式ショックなど【写真7枚】

1972年式 日産 スカイライン HT 2000 GT-R記事一覧(全3記事)

関連記事:スカイライン記事一覧

text:Kazunari Iwata/岩田一成 photo:Makoto Inoue/井上 誠

RECOMMENDED