絶滅危惧種のA11バイオレットをチューンナップ! 1

今では見かけることが少なくなったA11バイオレット。Z型エンジンを搭載したPA10は、サファリラリーで優勝するなど、モータースポーツにおいては輝かしい実績を残している。ただし、今回紹介するのは、A型エンジンを搭載したA11の4ドアがベース。平凡な4ドアセダンに搭載されたエンジンは!?

 1977年5月に発表されたA10系バイオレットは、先代710系の血統を受け継ぎつつ、直線基調のスタイルに生まれ変わった。ボディは4ドアセダンと「オープンバック」と称された2ドアハッチバック、バンの3種類。エンジンは当初L16型、A14型の2種類。79年のマイナーチェンジで角型4灯ヘッドライトにフェイスリフトされ(A11系)、エンジンはZ16型、A14型となり、81年まで販売された。

 一見、平凡な角形の4ドアセダンだが、79年~82年のサファリラリー4連覇という輝かしい偉業を成し遂げている。ただし、510ブルや240Zに比べ、旧車としての評価はイマイチだ。

 そんな隠れた名車といえるA11バイオレットの4ドアセダンを、普段のアシとして使いつつ、走りも楽しめる仕様にチューンナップしたのが、岡山県の長瀬肇さんだ。








掲載:ノスタルジックスピード 2014年11月 Vol.005 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

PHOTO:RYOTA-RAW SHIMIZU(FOXX BOOKS)/清水良太郎(フォックス ブックス)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING