小学生の頃から通っていた近所の本屋さんの営業車を引き継いだオーナー|1973年式 トヨタ パブリカバン 1000 デラックス Vol.2

大きなリアコンビネーションランプはサイドまでまわり込むデザイン。リアに曲面ガラスを採用しており、後ろ姿に明るい印象をもたらしている。

【1973年式 トヨタ パブリカバン 1000 デラックス Vol.2】

「国民車構想」に端を発して開発されたパブリカだが、機能性とコストダウンを重視するあまり、外観、室内ともに簡素で大衆からは支持されず、2年後にデラックス仕様を追加するまで鳴かず飛ばずの状態だった。

 そして、ボディをひとまわり大きくした2代目のKP30系型パブリカが登場。そのボディタイプは、2ドアセダン、2ドアバン、ピックアップの3種類が用意された。

 発売された当初、バンは、水冷4気筒エンジンの1Lと空冷水平対向2気筒エンジンの0.8Lの2種類のみだったが、のちに水冷直列4気筒エンジンを搭載した1.2Lを追加して0.8Lをラインナップから外した。

 バンはビジネスはもちろんレジャー用として人気があり、ここで紹介する井上幸助さんのパブリカバンも長年、仕事の場で活躍してきた1台だ。

 そもそもこの車両は、井上さんが小学生の頃から通っていた近所の本屋さんの営業車だった。そこで地元の小中学校に教材を納めたり、営業に使われていたが、店主が高齢になり、本屋の看板を下ろすことになって、パブリカバンもその役目を終えた。店主は営業車を売り払わず、大切に乗ってくれそうな井上さんに声を掛けて、めでたく引き継がれたというわけだ。

Vol.3へ続く


見やすい丸メーターや、汗で背中がベタつきにくい通気性発泡ビニールレザー張りのシートなど【写真7枚】

1973年式 トヨタ パブリカバン 1000 デラックス記事一覧(全3記事)

関連記事:パブリカ記事一覧


1973年式 トヨタ パブリカバン 1000 デラックス(KP36V-D)主要諸元
●全長3705mm
●全幅1460mm
●全高1410mm
●ホイールベース2160mm
●トレッド前/後1235/1200mm
●最低地上高170mm
●室内幅1215mm
●室内高855mm
●車両重量700kg
●乗車定員2(5)名
●登坂能力tanθ0.34
●最小回転半径4.4m
●エンジン型式2K型
●エンジン種類水冷直列4気筒OHV
●総排気量993cc
●ボア×ストローク72×61mm
●圧縮比9.0 : 1
●最高出力58ps/6000rpm
●最大トルク7.9kg-m/4000rpm
●変速比1速3.684/2速2.050/3速1.383/4速1.000/後退4.316
●最終減速比4.444
●燃料タンク容量30L
●ステアリング形式ウオーム・セクタローラ
●サスペンション前/後 独立懸架コイルばね/非対称半楕円板ばね
●ブレーキ前/後 ツーリーディング/リーディングトレーリング
●タイヤ前/5.00-12-4PR/後5.00-12-4PRまたは5.00-12-6PR
●発売当時価格43.95万円

掲載:ノスタルジックヒーロー 2013年8月号 Vol.158(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING