ハコスカGT-RのS20型エンジンをフルチューン! パート1

R31スカイライン、サニーバン、FC3Sなどを乗り継ぎ、今から約20年前にKPGC10を手に入れた若きオーナーは、S20型エンジンの弱点ともいえるヘッドにクラックが入るトラブルを乗り越え、2.3Lフルチューンにたどり着いた。しかも、あえて少数派といえるインジェクション仕様に挑戦し、248ps/24.5kg-mを達成。こだわりのインジェクション仕様の全貌を紹介する。

 なかなか手が出せない「高嶺の花」となったGT-Rだが、20年ほど前は今ほど高値ではなかった。ここで紹介する庭山隆弘さんは、それまでR31スカイラインに乗り、タ-ビン交換などを行って楽しんでいた。ところが、R32GT-Rの登場により状況は一変。

「R32GT-Rの速さにはかなわないと思い、チューニングカーには乗らないと決意して、程度極上のVB10サニーバンを入手しました。ノーマルで乗る予定でしたが、結局ソレックスやバケットシートを装着し……。

 そこで、どうせ乗るなら日産の宝石といえる2000GT-Rをと思い、オートサービスワタナベに見に行ったところ、そこそこの程度のKPGC10があったので、購入しました。旧車の知識はあまりないですが、プロショップに見てもらっても程度のいいボディだったようです」と語ってくれた。













掲載:ノスタルジックスピード 2014年11月 Vol.005 (記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

PHOTO : MOTOSUKE FUJII(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED