「まあ、よくここまで磨き込んだもんだ!」 22年の年月をかけ、徹底的に作り込まれたハチロク|1986年式 カローラ レビン 3ドア 1600GTアペックス Vol.2

インパネ回りの両サイド、左右の吹き出し口にはφ52mmのメーターを装着。左に油圧計、右に油温計のレイアウト。インパネ下には、エンジンのセッティングに欠かせない空燃比メーターを装着。

【ホットハチマルAE86|1986年式 カローラ レビン 3ドア 1600GTアペックス Vol.2】

 22年の月日をかけ、オーナー自らが磨き上げてきた宝石のような1台のAE86。

 ボディ回りに関しては、6年前に1年がかりでレストア。旧車と同じように、ボディをドンガラ状態にして、徹底的に仕上げている。その際、フロントバンパーは前期レビン純正色無し&純正リップスポイラーに、リアバンパーは後期純正の色無しに変更している。

 また、HIDヘッドライト、ぼかし入りフロントガラス、クリアウインカー、3ドア後期トレノ純正テールの移植、TRDレース用リアスポイラーをはじめ、ディテールまで徹底的に自分色にドレスアップ。


 ボンネットをご開帳してもらうと、エンジンルームの仕上がりにもシビれた。アルミポリッシュ仕上げの妖しい輝きを放つエンジン本体は、こだわりの4バルブ仕様ながら、ヘッドはAE92後期用で、ブロックはAE111用という組み合わせ。

 もちろん中身はハイカム、ハイコンプ仕様のフルチューンで、フルコン制御のインジェクション仕様で走らせている。ただし、メインは毎日のように街乗りする通勤快速仕様ということで、トライ&エラーを繰り返しながら、しっかりと調教。その結果、1年を通して、コンビニへの買い物から、高速での全開走行まで何不自由なく走れるエンジンに仕上がっている。

Vol.3へ続く

デッドニングを施し、ドアポケット部分をカスタムしてJBLのスピーカーをインストール、上部にはツイーターも埋め込んでいるドアなど【写真9枚】

1986年式カローラレビン3ドア1600GTアペックス(AE86)チューニングメニューはこちら


デビューから大分たった今でも、熱狂的なハチロク信者たちによって、走りに磨きがかけられている。


R30の予定がAE86を購入。以来、22年連れ添う恋人だ。


熱対策のバンテージが巻かれたワークス奥寺の焼き曲げタコ足。等長タイプのφ43ー50mm、スチール製で、集合部までは70cmを装着。ストラットタワーバーのロッド部はチタン製だ。


ドアはデッドニングを施し、ドアポケット部分をカスタムしてJBLのスピーカーをインストール。ドア上部にはツイーターも埋め込んでいる。


バケットシートはギリギリのローポジに。


助手席側のグローブボックス下には、E&E製フリーダムECUを設置。AE111用にバージョンアップし、変換ハーネスなども製作。マップの解析やリセッティングなどもお手のもの。


速度警告音用のスピーカーを外し、そこにフリーダム専用のデータロガーをセット。SDカードを差し込むことで、ECUのログを読み込むことができる。このデータをPCに読み込ませてて、燃調や点火時期などのセッティングができるわけだ。


ラゲッジのボードを強化し、25cmのサブウーファーを埋め込んでいる。ボードの下のスペースには、パワーアンプ、キャパシタ、HDDマルチメディアプレーヤーなどを装備。チューニングだけでなく、オーディオ系のカスタムもバッチリ。

デッドニングを施し、ドアポケット部分をカスタムしてJBLのスピーカーをインストール、上部にはツイーターも埋め込んでいるドアなど【写真9枚】

1986年式 カローラ レビン 3ドア 1600GTアペックス記事一覧(全3記事)

関連記事:カローラ記事一覧



掲載:ハチマルヒーロー vol.17 2012年5月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryotarow Shimizu/清水良太郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING