歴代トラック&バン(全10世代)がずらりと並ぶ! ダイハツ・ハイゼット、60周年を記念し特設サイトオープン!

 ダイハツ工業の軽商用車「ハイゼット」シリーズは、2020年11月で1960年登場の初代「ハイゼット」発売以来60年を迎えた。

 現在の「ハイゼット」シリーズは、農林水産業を中心に使用されている「ハイゼット トラック」、配送業や小売業などを中心に使用されている「ハイゼット カーゴ」「ハイゼット キャディー」の3モデルで構成され、これまでの累計生産台数は約740万台(ダイハツ調べ。2020年9月末時点。累計生産台数はOEM供給台数は含まずダイハツブランドのみ)に上り、現在の総保有台数は約220万台(同調べ)となり、全国で多数が愛用されている。

 初代「ハイゼット」は、当時人気となっていた軽三輪自動車「ミゼット」に続き、より積載力を高め、様々な仕事で活躍できる一台として誕生したダイハツ初の軽四輪自動車である。

 以降60年間にわたり、軽商用車で重視される「乗り降りがしやすいキャビンと仕事に必要な積載力の高い荷台/荷室」という構造を維持し続けている。

 さらに、毎日使うクルマだからこそ求められる荷物の積みおろしのしやすさや耐久性、田んぼのあぜ道から下町の路地まで、狭い道路でも走れる取り回しの良さ、そして求めやすい価格に徹底的にこだわってきた。
また、ダンプシリーズをはじめとした豊富な特装車など、様々なラインナップも用意され、ユーザーのニーズに実直に応えたラインナップを有する。


 近年では、軽商用車を買い物や通勤・通学、送迎など日常生活で使用するユーザーの増加(出典 一般社団法人日本自動車工業会「軽自動車の使用実態調査報告書」 2020年3月)の増加、高齢ユーザー比率の高まりを踏まえ、「スマートアシスト」を採用するなどいち早く予防安全機能も導入している。

 「頼れる相棒」として活躍してきた「ハイゼット」シリーズは、「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなのものに」といったダイハツのスモールカーづくりの思想を体現した一台だ。

 ダイハツは「今後も、お客様一人ひとりを照らし、軽やかなモビリティライフを提供するというグループスローガン“ Light you up” の考え方のもと、『ハイゼット』シリーズを進化させていく」という。

<初代>1960年11月

高度経済成長期の真っただ中、当時大ヒットしていた軽三輪自動車「ミゼット」に続き、ダイハツ初の軽四輪自動車(360cc)として発売。当時の軽四輪自動車のイメージを刷新する斬新なデザインで、積載性だけでなく、居住性にもこだわった。1961年にはボンネットバンタイプも発売し、「ビジネスとレジャーを結ぶニューファミリーカー」として、一家に一台のマイカー時代を支えた。

<2代目>1964年4月(トラック)

経済成長にあわせハイゼットの需要が著しく伸長していた中、荷台をフルに使えるタイプへのご要望に応え、フロントエンジンのキャブトラックとして2代目を発売。エンジンを座席下に配置することで、荷室とキャビンの最大化を実現した。1965年には「ハイゼット カーゴ」のもととなるキャブバンタイプを発売。

<4代目>1971年9月(トラック)

1971年登場の4代目では積載性、乗り心地や居住性などを向上。また翌1972年に、軽ライトバンで初めてスライド式ドアを採用した「ハイゼットスライドバン」を発売し、利便性を向上させた。この頃のダイハツは電気自動車に積極的に取り組んでおり、4代目では急速充電システム付きの「クイックチャージ式電気自動車」を開発、1976年の大阪国際見本市に出展している。

<5代目>1977年4月(トラック)

排気量、全長・全幅・全高を拡大した新規格軽自動車「ハイゼット55(ゴーゴー)ワイド」として発売し、翌月にはバンもフルモデルチェンジ。当時は公害問題に伴い、自動車に対して高い環境対応が求められており、ダイハツは非常に厳しい排ガス規制に対応するAB型550ccエンジンを新開発し、ハイゼットにも搭載した。

<8代目>1994年1月(トラック・バン)

1991年に実施された軽自動車規格変更に伴いフルモデルチェンジ。新開発のEF型660cc エンジンを搭載し、快適な走行性能を実現するとともに、積載性や使い勝手など、全方位で性能を向上させた。また、1980 年代からハイゼットの海外生産が始まるとともに、ハイゼットベースの現地専用車がインドネシアやマレーシアで生産された。


インドネシア現地仕様車



<9代目>1999年1月(トラック・バン)

安全性の向上を主眼とした1998年の軽自動車規格変更に合わせ、全長・全幅を拡大しフルモデルチェンジ。同時に「ハイゼット トラック」へ名称を変更された。取り回しのしやすい「フルキャブ」スタイルを踏襲しながら、新国内衝突安全基準をクリアしたトップクラスの安全性を実現。また新開発エンジンを採用し、環境性能と走行性も向上した。


バンも同時にフルモデルチェンジし、「ハイゼット カーゴ」へ名称変更。バンモデルはこの9代目から、運転のしやすさや快適性を追求し「セミキャブ」スタイルへ変更となった。ジウジアーロによるデザインを採用するとともに、トラック同様に安全性や走行性能を向上しました。

<10代目(現行モデル)>2004年12月(バン)

トラックとは別プラットフォームを採用し、フルモデルチェンジ。新工場であるダイハツ車体(現ダイハツ九州)大分(中津)工場の最初の生産車種となった。デザインを一新するとともに、クラストップのロングホイールベースなどで安定性を向上。また、2017年にマイナーチェンジし、予防安全機能「スマートアシスト」を採用した。

<10代目(現行モデル)>2014年9月(トラック)

約15年ぶりのフルモデルチェンジ。積載性や使い勝手の良さなどを全面的に向上させるとともに、近年注目の高まる女性ユーザーに着目し、農林水産省の進める「農業女子プロジェクト」に参画し、豊富なカラーバリエーションなど、従来にない装備を多数採用。また、2018年に一部改良し、予防安全機能「スマートアシスト」を採用している。

※写真は各代の代表例


まだまだある! ダイハツ・ハイゼット、全10世代のトラック/バンの【写真25枚】を見る

関連記事:ハイゼット記事一覧




なお、この度のハイゼットの60周年を記念し、ダイハツのWEBサイトでは特設ページが公開されている。
www.daihatsu.com/jp/company/history/hijet60th/

text:古川教夫/カチくる photo:DAIHATSU/ダイハツ工業

RECOMMENDED

RELATED

RANKING