合計6台所有! 3T-GTEU型エンジン搭載車に魅せられて|1985年式 トヨタ カリーナ セダン 1800 GT-TR Vol.3

GT系モデルを中心に4輪独立懸架となり、初代から続く「足のいいやつ」という個性的なキャッチコピーをまさに具現化。

【1985年式 トヨタ カリーナ セダン 1800 GT-TR Vol.3】

今回取材したカリーナセダン1800 GT-TRのオーナーである星野晃さんは、同じイエローのボディで同じグレードの個体をもう1台持っている。そちらはふだんの足として使っているクルマだとか。

さぞかしTA63カリーナが好きなのだろうと思ったのだが、取材班の考えは甘かった。

さらにTA63カリーナクーペを2台、TT142コロナHTを2台、合計6台の3T-GTEU型エンジン搭載車を所有しているのだという。好きになったクルマ(いやエンジン!?)に徹底してこだわる星野さん。まさにクルマ冥利に尽きるというものだ。

 3T-GTEU型エンジンには特有のウイークポイントがあるそうで、それはディストリビューター・ローターの割れ。ツインプラグを制御するため特殊なローター形状になっており、他のエンジンからの流用も利かない。このエンジン搭載車を維持していくうえで、最大の問題となっているそうだ。

 星野さんがいる限り、TA63カリーナはずっと走り続けていくに違いない。

トヨタ カリーナ セダン 1800 GT-TR主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4390×1665×1400
ホイールベース(mm) 2500
トレッド前/後(mm) 1410/1400
車両重量(kg) 1180
エンジン型式 3T-GTEU型
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1770
ボア×ストローク(mm) 85×78
圧縮比 7.8:1
最高出力(ps/rpm) 160/6000
最大トルク(kg-m/rpm) 21.0/4800
変速比 1速3.566/2速2.056/3速1.384/
4速1.000/5速0.850/後退4.091
最終減速比 4.100
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション 前ストラット式コイルスプリング/後セミト
レーリングアーム式コイルスプリング
ブレーキ 前ベンチレーテッドディスク/後ディスク
タイヤ 195/60R15(前後とも)
発売当時価格 201.2万円

ストッピングパワーを強化するために装着されたエンドレス製6ポットキャリパーなどの詳細【写真7枚】

掲載:ハチマルヒーロー vol.17 2012年5月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text: TEXT : Rino Creative/リノクリエイティブ photo:KAZUHISA MASUDA/益田和久

RECOMMENDED