1JZ型エンジン搭載! 見合った足回りをインストール。美しいフォルムのハードトップを現代の技術でよみがえらせる|70年式 トヨタ クラウン ハードトップ SL Vol.2

セダンやワゴンとは異なる、専用設計のテールレンズ。

今回紹介するクラウンハードトップ(MS51)は、3代目S50系のフルモデルチェンジから1年以上遅れた1968年10月にデビュー。

満を持して発売されたものの、セダンより発売時期が遅れてしまったこともあり、前期型は1年も経たないうちに販売が終了。後期型も約1年半という短い販売期間しか与えられなかった。だが、実用性よりもフォルムの美しさや性能、高級感をうたったハードトップならではの個性が重なり、意外にも現存する個体の数はそれなりに多い。

この個体は横浜の「クラウンクラシックス」が作成した見てよし走ってよしの傑作だ。

外見こそS50系クラウンの代名詞ともいえる白なのだが、純正設定のシュノンソウホワイトではない。
メルセデス・ベンツのアラバスターホワイトで塗装し、「白いクラウン」との差別化、そして進化を決定づけているのだ。

 駆動系は2.5Lの1JZ型エンジン載せ替えだけにとどまらず、純正の2倍近くにまで増えたパワーをコントロールするブレーキ、動力を確実に伝えるプロペラシャフトやホーシングまで、そっくりそのまま130クラウンから流用。あくまでも乗り物としての、トータルバランスを重視した移植が施されているのだ。実はこのアップデート、クラウンクラシックスの得意技の1つ。

 これまでに同型のセダン、ワゴン、ピックアップにも移植した実績を持つ。そのため、何のストレスもなく市街地から高速までも走り抜けるパフォーマンスを誇りつつ、見た目にはそんな改造を微塵も感じさせず、当時の最高級2ドアハードトップにふさわしいディテールを残すことに成功している。

 と、文字にするのは簡単だが、電気式と機械式のメーターを1つに合体させたり、当時のオートマ「3速トヨグライド」のシフトレバーで4速オートマを動かしたり、エアコンユニットの中身を現代のR134aタイプに交換するなど、実際にはクルマの基本構造やクラウンの特徴を理解していないと難しい作業の連続となっている。しかし、数多くのメカニズムスワップをこなしてきた実績とクラウンに対する美意識の高さが、1970年代のデザインと21世紀のメカニズムの融合を可能にした。

 これを機に、セダンや商用モデルを中心に、もてはやされてきたS50系クラウンの世界に異変が起きることはまず間違いない。美しきクラウン2ドアハードトップが、再びステージの中央でスポットライトを浴びるときがきた。


ベースとなったのは、ヘッドライトが大きくなり、フロントからサイドにかけてのコーナーレンズが装備されない後期型。


違和感なく収まる130クラウン用1JZ型エンジン。ラジエーターも130からの流用だが、スペースの関係でファンシュラウドを付けられない。その解決策として、電動ファンを2個増設する。


専用のエンブレムが、ドアとリアフェンダーの間にセットされる。


ブレーキも130クラウンから移植済み。なお、今回初のトライとして、フロントアッパーアームの移植も行われているそうだ。


スポーツ心をかきたてる、ウッド調の3本スポークステアリングも、HTだけに装備される特別パーツ。


リアシートのセンターアームレストからリアトレイにかけて存在する一体型のパネルに、フロント用のエアコン吹き出し口を配管も含めて取り付け、外気を取り入れてリアも涼しくする工夫が施されている。


3速オートマのトヨグライド用シフトだが、これで移植した4速オートマを動かせるよう、加工がなされている。


トランク用カーペット、スペアタイヤカバー、車載工具、ジャッキまで、当時の純正品が揃っている。ジャッキには、クラウンのイラストまでご丁寧に入っていた。


1970年式 トヨタ クラウン ハードトップ SL(MS51-C)主要諸元
●全長4610mm
●全幅1690mm
●全高1420mm
●ホイールベース2690mm
●トレッド前/後1370/1380mm
●車両重量1300kg
●乗車定員5名
●最高速度155km/h
●登坂能力tanθ0.44
●最小回転半径5.5m
●エンジン型式M-B型
●エンジン種類水冷直列6気筒SOHC
●総排気量1988cc
●ボア×ストローク75×75mm
●圧縮比9.5:1
●最高出力125ps/5800rpm
●最大トルク16.5kg-m/3800rpm
●変速機形式前進3速オートマチック
●変速比1速2.400/2速1.479/3速1.000/後退1.920
●最終減速比4.111
●ステアリング形式リサーキュレーティング
•ボール式(20.5-23.6:1)
●サスペンション前/後ウイッシュボーンコイル式/半浮動バンジョー型4リンクコイル式
●ブレーキ前/後ディスク/ドラム
●タイヤ6.95-14 4PR
●発売当時価格120.2万円

ノスタルジックヒーロー 2013年2月号 Vol.156(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

70年式 トヨタ クラウン ハードトップ SL記事一覧(全2記事)

関連記事:クラウン記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Hirano Akio/平野 陽

RECOMMENDED

RELATED

RANKING