「載せるエンジンがねえだと? S360のやつがあるだろう。それ載っけちまえ」|1966年式 ホンダ T360 Vol.2

右から1966年式ホンダT360オーナーの八木橋さん、1964年式の長谷川さん、1965年式の葛野さん。3人3様のT360に仕上がっている。

【1966年式 ホンダ T360 Vol.2】

ホンダ初のトラック、T360の開発を始める際に本田宗一郎さんはこう言った。

「載せるエンジンがねえだと? S360のやつがあるだろう。それ載っけちまえ」
 
 もちろん、実際にこのようなやり取りがあったかといわれれば疑問で、都市伝説の一つとしか考えられていない。しかし、T360は1960年代にDOHCを搭載した、トンでもないトラックだ。
そんなやりとりが実際にあったのではないかと考えてしまうが、このトラックは出来るべくして出来たと言えるだろう。
 
 なにしろホンダにはトラックに利用できるSOHCエンジンが存在しなかったため、当然、一から開発せざるを得ない状況。じゃあ、とりあえず宙に浮いたS360のエンジンでトラックでも造ってしまえというのは自然な流れだろう。

 そうして1963年8月に発売されたT360は、開発が続けられてきたS500は発売が遅れたため、ホンダ最初の四輪市販車となった。
 その動力性能から「スポーツトラック」と呼ばれ、ライバル車に比べると高い定価設定だったにもかかわらず人気となり、数多くの派生車種が誕生。

 ホンダは、スポーツカーのエンジンをそのまま載せたトラックで、世界に衝撃を与えたのだった。


このクルマは5年前に購入し、自分でレストア。改造よりも保守、この先、できるだけ長く乗ることを心がけているとのこと。


毎日使っているため、エアコン代わりの扇風機など生活感漂うコクピット。


実はオーバーフェンダーになっている。フューエルポンプは電磁式に。


前オーナーがサーファー仕様にしようと描いた絵。


荷台にはメッキの手すり。荷物を固定するロープをかけるのに便利。



掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年12月号 Vol.154(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

66年式 ホンダ T360記事一覧(全3記事)

関連記事:T360記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Satoshi Kamimura/神村 聖

RECOMMENDED