日本初のターボエンジン搭載市販車|1981年式セドリック4ドアハードトップ200ターボ ブロアム Vol.1

       
430セドリックには「日本初のターボエンジン搭載市販車」という称号がある。このクルマの登場からターボ搭載車が爆発的に増え、ネコもしゃくしもターボ搭載という日本独自のクルマ社会が形成される。当時の「ターボ」という言葉には、どんなエンジンもたちまちハイパワーにする魔法のアイテムのようなイメージが付いて回っていた。

 そんな430セドリックが登場したのは、厳しい排ガス規制による技術の停滞から、次の世代に向けて研究、技術革新されていた1979年。4代目の330セドリックから、この5代目430にフルモデルチェンジされた。2ドアハードトップモデルのラインナップを取りやめ、ボディバリエーションは4ドアハードトップ、4ドアセダン、ワゴン・バンと3タイプとなり、分かりやすいタイプ構成になった。

 セドリック&グロリアで最後のL型エンジン搭載車となった430はL28E型直列6気筒SOHC2.8Lを搭載。その後、1979年10月、乗用車としては日本初のディーゼルエンジンのLD28型直列6気筒SOHC2.8L搭載車が追加され、日産初のエンジン集中電子制御システム(ECCS)が採用されるなど、次世代のクルマの核ともなるさまざまな技術が初めて搭載された。


絶対的な速度を求めず、市街地での静かな走行も可能としたL20E-T型。



高級感漂う木目調のインパネは標準装備。


警告灯、スポットランプ、残照式ファンシーランプが組み込まれたオーバーヘッドコンソール。高級感漂う装備だ。横基調のグリルはグロリアのものを流用(セドリックは格子調)。バンパーは280ブロアム用。標準仕様より前への張り出しが大きく、迫力のシルエットを作り出す。


ターボエンジンのL20E‐T型直列6気筒SOHC。

1981年式セドリック4ドアハードトップ200ターボ ブロアム(K430XAT)
全長×全幅×全高(mm) 4690×1690×1410
ホイールベース(mm) 2690
トレッド前/後(mm) 1415/1380
車両重量(kg) 1485
エンジン形式 L20E-T型
エンジン種類 水冷直列6気筒SOHCターボ
総排気量(cc) 1998
ボア×ストローク(mm) 78×69.7
圧縮比 7.6:1
最高出力(ps/rpm) 145/5600
最大トルク(㎏-m/rpm) 21.0/3200
変速比 1速2.842/2速1.542/3速1.000
後退2.400
最終減速比 4.375
ステアリング方式 バリアブルレシオ式パワーステアリング
サスペンション 前ダブルウイッシュボーン/後5リンク・リジッド
ブレーキ 前ベンチレーテッドディスク/後ディスク
タイヤ 185SR14(前後とも)
発売当時価格 293.4万円

掲載:ハチマルヒーロー vol.16 2011年 11月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

81年式セドリック4ドアハードトップ200ターボ ブロアム記事一覧(全2記事)

関連記事:セドリックII記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED