すべて5MTのツインターボ! 3台目にしてノーマル維持へ|1987年式トヨタマークⅡ GTツインターボ Vol.3

GTツインターボに搭載されるエンジンは、ヤマハがトヨタ製1G‐EU型ユニットをベースに4バルブDOHC化し、2つのターボをドッキングした1G-GTEU型ユニット。

1980年代のハイソカーブームで人気を博したクルマの一つが、マークⅡの4ドアハードトップ。そしてGTツインターボは、1985年に追加され、後のツアラーVへとつながるマークⅡのホットモデルだ。

 このように、サルーンのルックスからは想像できないほど高いパフォーマンスを発揮するGTツインターボだが、取材車両のオーナーはノーマル状態を維持していきたいと話す。というのも、このオーナーはこれが3台目のGTツインターボ(すべて5速MT)。しかし以前乗っていた2台は各部に手を入れていたため、このクルマはノーマルで乗っていきたいということなのだ。

 ただ、GX71も年式的なことから、パーツの入手が困難となることが予想される。しかし取材車両を販売、メンテナンスするギャラリーエルの代表・本島氏によると、まだまだ部品の入手は可能で、深刻な状況にまでは至っていないと言う。また、これまでに大きなトラブルは無いとのことなので、今後もこのコンディションを維持していくことに心血を注いでいくことだろう。



直線基調のスタイリングは今見ると新鮮。



タイミングベルトカバーの前には誇らしげなYAMAHAのロゴが入る。


ハイパワーの要である2つのタービンは、運転席側奥に配置されるため目視は困難だ。


トランクルームは、左側にテンパータイヤが収まるものの、十分な容量を確保している。


掲載:ハチマルヒーロー vol.16 2011年 11月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

87年式トヨタ マークⅡ GTツインターボ記事一覧(全3記事)

関連記事:マークII記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Hitoshi Ito/伊藤 均

RECOMMENDED

RELATED

RANKING