MEGA WEB ヒストリーガレージで、「CAR OF THE CENTURY - 20世紀、社会に最も影響を与えた1台 -」が開催

CAR OF THE CENTURY - 20世紀、社会に最も影響を与えた1台 -」の開催は、2020年9月9日(水)~2021年1月11日(月・祝)まで。

世界のヒストリックカーが展示され、「クルマの歴史」が楽しめる東京・お台場のMEGA WEB ヒストリーガレージ。
そんなヒストリーガレージ2Fにて、2020年9月9日(水)~2021年1月11日(月・祝)まで、特別展示「CAR OF THE CENTURY -20世紀、社会に最も影響を与えた1台-」が開催されることとなった。 



「カー・オブ・ザ・センチュリー」は、20世紀を通して、社会の進歩・発展に最も大きく貢献した 自動車を1台選出し、「世紀のクルマ」として称える自動車賞であり、1999年にラスベガスで発表され、「フォード モデルT」が受賞している。

同展は、そんな「カー・オブ・ザ・センチュリー」を振り返り、選考方法や選抜された候補車を 実車やミニチュアカーで紹介するというもの。

なお、展示される実車は以下の6台が予定されている。

フォード モデルT ツーリング
フォード モデルT ツーリング


シトロエン 2CV6 スペシャル
シトロエン 2CV6 スペシャル



GMシボレー コルベット ステイングレイ



ジャガー Eタイプ ロードスター



フォルクスワーゲン ビートル タイプⅠ



フォード マスタング コンバーチブル

RECOMMENDED

RELATED

RANKING