全米中からコンディションの良い240Zが集められ、新車に近い状態へ!|1970年式 ダットサン 240Z スポーツ「ヴィンテージZ」 Vol.2

今なおアメリカで最も売れたスポーツカーの記録はやぶられていないダットサン240Z。

 その後もアメリカでは、S130〜Z32まで販売されたが、営業不振で1996年にZを販売中止。翌97年には日産のブランド戦略で長年アメリカで親しまれたダットサンブランドが廃止された。

 しかし、アメリカでのZへの熱は冷めることなく、1998年には米国日産が独自にプロトタイプを製作。99年のデトロイトショーへ出品。S30Zを現在に甦らせるようなデザインであったことから世界中のZファンが熱狂。この動きがルノー傘下に入ったばかりの日産本社を動かし、一気にZ33フェアレディZ発売へとつながることになった。

 もちろん、当時の北米日産では新型Zだけでなく、ダットサン240Zへの愛情も忘れていなかった。それが、ヴィンテージZと呼ばれたZのレストレーション・プロジェクトだ。

 北米日産と片山さんとの協力によるこのプロジェクトで、全米中から探し集められたコンディションの良いダットサン240Zは、エンジン、内装、足回りまでを新車時の状態へと戻しつつ各パーツをレストアし、ビス1本1本まで新車時に近い状態へと仕上げられた。この際、多くの純正部品が再生産されたことは、世界中のZオーナーへのうれしいプレゼントとなった。販売にもこだわりを見せ、全米日産系ディーラーの中から販売店を選別し、Zショップと命名。

そして1996年、38台のヴィンテージZが発売された。取材車両はその38台のうちの貴重な1台だ。


Z32フェアレディZの発売中止直後の97年、北米日産によってレストアされたヴィンテージZ。わずか38台のダットサン240Zのみが再販され、そのほとんどがアメリカでの発売だったため、直接目にする機会は少ない。撮影車は、日本に輸入された3台のうちの1台だ。しかし、わずかな生産数ながら、このプロジェクトがはたした役割は大きかった。


フェアレディZの伝説的チューナーであるSS KUBOで製作されたL24型エンジンへと換装。欧州輸出用カムを組み込んでいる。ラジエーターは3層へと変更。クスコ製を塗装したスチール製ストラットタワーバーを装着。もともと4速のミッションは240ZG用純正5速クロスミッションへと換装。OS技研のスーパーシングルクラッチへと変更し、R180ニスモLSDを装着している。


ビルズ40段ショック。ドライバーで減衰が調整可能。足回りは、インシュレータからボールジョイントブーツまで全交換。米国アイバッハスプリングを装着し、アッパーマウントはピロ加工して、ショート加工したナックルアームを取り付けている。


高性能バッテリー出光「ZAXIA」を搭載。現代のクルマのように簡単に1発でエンジンがかかるのは、このバッテリーの効果。業界随一の性能であるだけでなく、落ち着いた色合いが旧車のエンジンルームでも違和感ないこともポイントが高い。


シートはオリジナルだが、中身を低反発ウレタン化。内装のランプ類も全てLED化されている。


新品同様のリアゲート内部。


エンブレムやステッカー類もレストアされたもの。発音が議論となるDatsunだが、撮影時に通りかかったアメリカ人は「ダッツン」と発音していた。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年10月号 Vol.153(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

70年式 ダットサン 240Z スポーツ記事一覧(全3記事)

関連記事:フェアレディZ記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Satoshi Kamimura/神村 聖

RECOMMENDED

RELATED

RANKING