73年のラリーで1位から4位までを独占!|海外ラリーで無敵を誇った74年式 三菱ランサー1600 GSR Vol.2

ナルディ製のディープコーンタイプのステアリングに交換され、ラリー用の計器類がセットされたインテリアは、走りに徹したスパルタンな雰囲気。

 コンパクトで軽量なボディに、コルトやギャランで培った高い信頼性をかかげ、1973年2月に登場したのが、初代ランサー。今でこそ三菱を代表していた車種として知られているが、発売当初は若いファミリー層を狙ったラインナップがあるに過ぎなかった。

 そんなランサーの名が広く知られるようになったのは、73年9月に追加されたスポーツバージョンのランサー1600GSRからだ。

 このランサー1600GSRは高いポテンシャルを誇り、デビューイヤーである1973年の「第8回サザンクロスラリー」ではなんと、1位から4位までを独占。

 翌74年には、最も過酷なラリーである「サファリラリー」に初挑戦。ポルシェ911をはじめとする並みいる強敵を相手に、見事優勝を飾ったのだ。その後、サザンクロスラリーは4連覇を達成し、1976年のサファリラリーでは1位から3位までを独占。ラリー史に輝く名車として名を残した。

 今回紹介する今井俊彦さん所有の1974年式ランサー1600GSRは、76年のサザンクロスラリーを戦った篠塚建次郎レプリカだ。今井さんが手に入れたのは2004年6月頃で、その時点でボディは全塗装されていた。コンディションは良好で、シビエ製のヘッドランプ、補助灯、バックランプを装着。ボンネットとトランクはFRP製に変更しているが、ボディカラーと同色に塗装を施している。

 外装に合わせて、車内も本格的なラリー仕様に仕上げているのもポイントで、3点式ロールバー、レカロシートをはじめ、助手席前にはラリー用計器のJECO製デジタルツイントリップメーター、マップランプなどを装備。現在もラリーイベントなどに参加する際に役だっているとのこと。


ドア後方、リアフェンダーに「GSR」のエンブレムが輝く。他グレードでは、何も付かない。




今井さんの好みで、純正のダウンドラフトタイプのツインストロンバーグから、サイドドラフトのSUツインキャブに変更している。


マフラーはデフホーシングの上側を通って後方に抜けるレイアウトとなっていて、小気味よい排気音を発していた。


レカロ製シートは4点式ハーネス、ロールバーで安全を確保。



掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年12月号 Vol.154(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)



全ての画像を見る

海外ラリーで無敵を誇った74年式 三菱ランサー1600 GSR記事一覧(全3記事)

関連記事:ランサー記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED