【3】Zにハコスカ。L28型改、S20型にL24型! オーナー達のチューンを一挙に公開|6気筒 VS 4気筒 旧車オーナースナップ Vol.3

6気筒や4気筒エンジンを搭載した旧車に乗るオーナーにインタビュー。
今回は6気筒のオーナーを紹介。

富士スピードウェイで開催された「JCCA富士ジャンボリー2014」のパドック、木更津に集まっていただいたオーナー、そして君津にツーリングのために集まったオーナーの面々だ。

それぞれの旧車のスペックや楽しみ方などを聞いてみた。こだわりのパーツ選びや各部の仕上げ方など、これから旧車を購入しようと思っている人、チューンナップ&カスタムを計画しているオーナーは、ぜひ参考にしてもらいたい。



76年式フェアレディZ/石川正人さん(千葉県)
L28型改3.15L仕様ながら、ヘッドはP90を使い、3mm面研で圧縮比を12:1にアップ。バルブはノーマルでカムは74度を装着。


ピストンはXL用にチタンリング、コンロッドはL14、カミソリクランク加工などを行っている。エンジンは4基目だそうだが、次回は3.1L仕様を計画中。




71年式スカイライン HT 2000 GT-R/三木宏通さん(千葉県)
S20型エンジンは、本体はノーマルスペックのまま、タコ足はラバーソウル製、マフラーはRSスタート製のφ50mmを装着。


L型とは違う、S20型独特の甲高いエキゾーストサウンドがお気に入りだそうだ。ただし、L28型改3.0L仕様から乗り換えると、トルクの細さを感じたとのこと。


73年式フェアレディ240ZG/辻 和行さん(千葉県)
エンジンは、「壊れない、長持ちする」ということで、あえてノーマルのL24型で、キャブのみソレックス44PHHに変更。



ただし、エアクリーナーを装着しているのが壊さないためのポイント。シルビア用のマスターバックを装着したことで、ブレーキの感触が今時のクルマになったそうだ。


掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

6気筒 VS 4気筒 旧車オーナースナップ記事一覧

関連記事:フェアレディZ記事一覧

関連記事:スカイライン記事一覧

text & photo:Nostalgic Hero/編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING