【1】B210/B110サニーにTE47トレノ。4気筒のチューンナップ!|6気筒 VS 4気筒 旧車オーナースナップ Vol.1

「JCCA富士ジャンボリー2014」のパドックのようす

6気筒や4気筒エンジンを搭載した旧車に乗るオーナーにインタビュー。
今回は4気筒のオーナーから紹介。

富士スピードウェイで開催された「JCCA富士ジャンボリー2014」のパドック、木更津に集まっていただいたオーナー、そして君津にツーリングのために集まったオーナーの面々だ。

それぞれの旧車のスペックや楽しみ方などを聞いてみた。

こだわりのパーツ選びや各部の仕上げ方など、これから旧車を購入しようと思っている人、チューンナップ&カスタムを計画しているオーナーは、ぜひ参考にしてもらいたい。




72年式サニー 4ドアセダン GX/大倉忠史さん(千葉県)
「サニーが入ってきたというので、サニトラかと思って見に行ったところ、このB210だったんです。あまり見かけないクルマというのが気に入って購入しました」という大倉さん。


サニー歴は4年で、エンジンはA12型改。キャブはソレックス40PHH(ニスモ)で、ヘッドカバーとファンネルをレッドで統一しているのがポイント。ミッションは4ドアGXなので5速MTを搭載する。



75年式スプリンター トレノ/宮野入正宗さん(新潟県)
あまり見かけないTE47トレノに乗る宮野入さん。エンジンは2T-G型改2L仕様。


亀有製292度カム、ギアトレイン、ワンオフタコ足、レース用オイルパン(6L)、電動ウォーターポンプ、ウォーター式オイルクーラーなどを組み込み、インジェクションはJENVYを装着。



制御はモーテックで行っている。以前はAE86に乗っていたそうだが、4年前に乗り換えて、ここまで仕上げたそうだ。



75年式サニー 4ドアセダン/出口権進さん(千葉県)
真っ赤なボディが目を引く出口さんのサニー4ドアセダン。サニトラから乗り換えたとのことで、サニー歴は5年目。エンジンはA12型改で、キャブはノーマルのSUキャブ仕様だ。「ストックの状態をキープしているため、クーラーも使えて快適です」とのこと。手頃な大きさや燃費の良さも◎。


掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

6気筒 VS 4気筒 旧車オーナースナップ記事一覧

関連記事:サニー記事一覧

関連記事:スプリンター記事一覧

text & photo:Nostalgic Hero/編集部

RECOMMENDED