きっかけは、実家の物置から出てきた30年前に買った新品カンパニョーロ|70年式 日産サニークーペ1000 GL Vol.1

「20歳の頃、一度友人からKB10を譲ってもらったことがありました。ただ、当時は余裕もなく、自分仕様に仕上げることができず、他の友人に譲ったことがあって悔いが残っていました。このKB10を完成させたことで、自分の中で仕事が1つ終わったような気がして、とても満足しています」と語ってくれたのは、サニークーペのオーナー内藤信彦さん。

 内藤さんがこのサニークーペ1000GLを手に入れるきっかけは、30年も前に手に入れたホイールにあるそうだ。

「あるショップで、ホイールが在庫であるが売れないので買ってくれないかと相談があったんです。若い頃は高価で手が出せなかったクロモドラとカンパニョーロのホイールでした。それをいくらでもいいというので、安価で2セットとも購入しました。ただし、自宅に置いておくのは邪魔だったので、実家に持ち帰ったんです。30年も前のことなので、購入したのも忘れていました」という。

 ところが、たまたま実家の物置を整理した際にホイールが入った箱を見付け、開いてみると新品のカンパニョーロのマグホイールが出てきたのだ。そこで、なにかこのホイールに似合うクルマはないかと探すことにしたそうだ。



ここで紹介するサニークーペのオーナーは、「ホイールに似合うクルマはないか」ということからクルマを探した。



サニークーペを手に入れるきっかけとなったカンパニョーロのマグホイールは、当時は高級ホイールの代名詞。30年前に購入したものだが、箱に入れたまま保管されていたため、腐食などもまったくない新品状態。サイズは13×6.5Jで、タイヤは165/60R13を装着。サニークーペに履かせることで、イタリアンな雰囲気が漂う。



ダッシュ回りは純正を生かしていて、ダッシュボード上の追加メーターは油温計だ。ステアリングは、当時のオプションのチェックマンで、元日産パーツに勤務していた知人より譲り受けた1番のお気に入り。



シートは当時モノのダッツンバケットを装備。



リアのストラットタワーバーはカーボン製を装着。






フロントグリルからフェンダー、トランクに装着されているエンブレム類は、どれも貴重なものばかりで、新品同様の輝きを放つ。


SPECIFICATION 1970年式 日産サニークーペ1000 GL(KB10)
●エクステリア:フルレストア(ボデワーク寺本)、シビエZビームヘッドライト
●エンジン:A15型改1.6L、ビッグバルブ(IN40/EX33)、トモエ製ピストン、フルバランス取り
●吸気系:ウエーバー45DCOE9
●排気系:ワンオフφ48mm等長タコ足/φ60mmマフラー
●点火系:永井電子製MDI
●冷却系:セトラブ製オイルクーラー
●駆動系:直結5速MT/プロペラシャフト加工/H150デフ/ニスモ製LSD
●足回り:GAZ製ショック/取り付け位置変更
●ブレーキ:F:K12マーチ用キャリパー&ウィングロード用ローター流用/R:S30Z用アルフィンドラム&バイオレット用バックプレート流用
●タイヤ:ヨコハマ アドバン ネオバ 165/60R13
●ホイール:カンパニョーロ マグ 13×6.5J
●内装:チェックマンステアリング(当時のオプション)、ダッツンバケットシート(当時モノ)


掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

70年式 日産サニークーペ1000 GL記事一覧

関連記事:サニー車種記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Ryotaraw Shimizu/清水良太郎

RECOMMENDED

RELATED

RANKING