今の姿とは似ても似つかない状態の不動車を、極上コンディションに!|81年式 日産フェアレディ 280Z-T Vol.1

元々が不動車とは思えないほど美しく仕上げられている。

S30といえば、旧車のなかでも人気の1台。

カリカリにチューンした車両もあれば、フルオリジナルを保持している車両もあり、なかにはショーカーレベルのコンディションの個体もあるほど。

一方S30の後継であるS130は、S30ほど現存台数がなく、状態の良い個体も少ないのが現状だ。

しかし、そんな日産フェアレディ 280Z-T(S130)を極上コンディションでチューニングを楽しんでいる人がいる。

ここに登場する小林薫さんだ。


 ただし、小林さんがこのS130を入手したときは、左フロントが破損してエンジン&ミッションレスと、今の姿とは似ても似つかない状態だった。


L28型改3.2L仕様のエンジン。カムは現在74度を装着しているが、今後はプロフィール変更を予定しているという。


運転席はブリッドのビオスⅢ・スポーツCで、助手席はケーニッヒのセミバケットシートを装着。ちなみに、フロアはアンダーコートがキレイに剥がされている。


純正はフェンダーミラーが標準だが、輸出用ドアミラーをセット。ただし後方が見づらかったので、鏡面は高屈曲率ミラーに変更。


マフラーは亀有製で、メインパイプφ80mm、出口φ90mmというスペックを持つ。材質はスチールで、出口のみステンレスとなる。


リアブレーキは、R32タイプMなどに純正装着されていた日産対向2ポット。これでフロントブレーキとのバランスを保っているのだ。


SPECIFICATION 81年式 日産フェアレディ 280Z-T(S130)
●エクステリア:後期バンパー、テールランプ/HIDヘッドライト/ウインドーモールブラックアウト/アンテナ穴埋め加工/輸出用ドアミラー
●エンジン:L28型改3.2L仕様/カメアリ製φ89mm鍛造レーシングピストン、85mm8ウエイトクランクシャフト、I断面コンロッド、74度カム、ツインアイドラギア/2.5mmメタルヘッドガスケット/ヘッド2.0mm面研/燃焼室形状変更(圧縮比11.8)/ポート研磨
●吸排気系:ソレックス44PHH/カメアリ製φ80mmマフラー、φ45mmタコ足
●冷却系:ノーマル改3層ラジエター/FC純正オイルクーラー
●駆動系:OS技研製ツインプレート(カメアリ仕様)/71Cミッション/ニスモ製LSD(ファイナル4.3)/等速ドライブシャフト
●足回り:ワンオフ車高調/DR30リアメンバー/R31リアロアアーム
●ブレーキ:フロントAPロッキード4ポットキャリパー+Z32ローター/リア日産対向2ポットキャリパー/DR30マスターシリンダー
●タイヤ:BSポテンザRE11 フロント205/50R16/リア225/45R16
●ホイール:RSワタナベ Rタイプ フロント16×8J±0/リア16×8.5J-6
●内装:ナルディクラシックステアリング/ブリッド製ビオスⅢ・タイプCバケットシート(運転席)/ケーニッヒ製バケットシート(助手席)/ワンオフメーター(スピード250km/h・タコ10000rpm)/オートメーター(油温、油圧、水温、燃圧、タコ)/AEM製空燃比計


掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

81年式 日産フェアレディ 280Z-T記事一覧

関連記事:フェアレディZ記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo: Motosuke Fujii(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING