オーナーのこだわり満載! 男らしいスタイリングにひと目惚れして手に入れたハコスカ|71年式 日産スカイラインHT 2000GT-X Vol.1

ヘッドライトはマーシャル……ではないが、レンズカットレスタイプで光量をアップ。ポジションランプをLEDに交換することで、ルックスと省電力を両立している。

いつの時代でも、多くの人が憧れるハコスカ。理由はいくつもあるが、純粋にそのスタイリングにほれ込む人も多いようだ。ここに登場する桑田勇さんもその1人で、ハコスカの男らしいスタイリングに心を奪われ、購入に踏み切ったという。


 オーナーのこれまでの車歴は、免許取得直後こそチューニグしたジャパンに乗っていたが、その後はマークⅡやオデッセイ、クラウンなどをドレスアップして乗り継いでおり、「旧車」と呼ばれるクルマには縁がなかった。

ただし、もともとハコスカ好きだったが当時は高価で買えずにジャパンを購入したという過去もあり、ずっとハコスカへの憧れはあったという。そして、さまざまな事情でこれまで手に入れることができなかったが、ノスタルジック2デイズで見たハコスカにひと目惚れし、約5年前に入手したそうだ。


 購入後は自分で出来る範囲でチューニングを楽しんでいた桑田さんだったが、オイル上がりを機にエンジンを新たに製作したという。


オーナーの愛情とこだわりが注入されオールマイティに使える旧車に仕上げられている。



純正タコの位置にはオートメーター、センターコンソールにはDefiの油圧、油温、水温をセット。シンプルなインパネを目指し、シフトライトはメーター左下に移設。



亀有製パーツを多数使用して作られたL28型改3L仕様。タペットカバーは、オイルキャッチタンクの位置に合わせてブローバイホースの取り出し口が移設されている。「skyline」の文字が圧巻のタワーバーはワンオフで製作されたもの。


ラジエーターはスターロードの大容量アルミ3層で、アルミ製シュラウドも装着される。



点火系はスタンダードアイテムと言える亀有製MDIで強化済み。本体はステーを製作し、助手席足下に確実に固定されている。


ヘッドライトはマーシャル……ではないが、レンズカットレスタイプで光量をアップ。ポジションランプをLEDに交換することで、ルックスと省電力を両立している。
 

71年式 日産スカイラインHT 2000 GT-X(KGC10)SPECIFICATION
●エクステリア:プロテック製フロントスポイラー/美光ワークス製リアスポイラー、LEDテールランプ/前後オーバーフェンダー
●エンジン:L28型改3L仕様/亀有製φ89.5mm鍛造レーシングピストン、軽量コンロッド、75度ハイカム/ヘッド面研、機械ポート仕上げ/スターロード製燃料デリバリーパイプ、オイルキャッチタンク
●吸排気系:ソレックス44PHH/プロテック製オールステンマフラー、φ48mmステンタコ足
●点火系:亀有製MDI
●冷却系:スターロード製大容量3層アルミラジエター、アルミシュラウド/セトラブ製オイルクーラー
●駆動系:OS技研製スーパーシングルクラッチ/71Cミッション/R200(ファイナル4.1)/大容量デフカバー
●足回り:ビルズ製車高調
●ブレーキ:F:タイプMキャリパー R:Z用アルフィンドラムカバー/ケンメリ用マスターシリンダー&マスターバック
●タイヤ:F:BSポテンザRE11 205/50R15 R:BSポテンザRE01 225/50R15
●ホイール:RSワタナベ F:15×8.5J、R:15×10J
●内装:ダッツンコンペステアリング/スパルコバケットシート×2/ウィランズ4点式シートベルト/オートメータータコ/デフィ追加メーター(油温、油圧、水温)/カメアリ燃圧計/4点式ロールケージ/スターロードクーラーキット


掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

71年式 日産スカイラインHT 2000GT-X記事一覧

関連記事:スカイライン記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo: Motosuke Fujii(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING