家族から猛反発? いえいえ家族揃ってサーキットへ! 2011年シェイクダウン|L28型改 71年式 日産 フェアレディZ Vol.3

FRP製ボンネットには、エアアウトレットを左右に設けてオーバーヒート対策。

2011年のシェイクダウンはツインリンクもてぎサーキット。

その後は、富士スピードウェイやエビスサーキットでも走行したが、メインは年3回ほど走る筑波サーキットと、年2回走る菅生サーキットだそうだ。ちなみに、筑波サーキットのベストタイムは、1分6秒台。足回りのセッティングを変更し、さらにタイムアップを狙っている。


 ここまで旧車趣味に没頭すると、家族から猛反発に合いそうなもの。
ところが、鈴木さん一家は奥さんもサーキットでのレース観戦などが好きで、息子もFD3Sをチューンナップするクルマ好き。

そのため、家族揃ってサーキットやドライブに出かけ、楽しんでいるそうだ。



以前はGノーズを装着していたこともあって、これでも水温、油温とも上がり気味だったそうで、現在はショートノーズ仕様で走行。これならばオーバーヒートの心配もない。


運転席しかないスパルタンなムキ出しの内装。助手席側の床には消火器を装備。


キャブはソレックス50PHHのショートファンネル仕様だ。



運転席の左前方に備え付けられたスイッチパネルには、キルスイッチ、I/G、ポンプ、ファン、スターターなどのトグルスイッチとインジケーターが並ぶ。ダッシュ上には、HKS製のAFK(空燃費計)とラップタイム計測用のPLAPSを設置。


最近ではサーキット走行にハマってしまう旧車オーナーが増えているようだ。

掲載:Nostalgic SPEED vol.004 2014年 07月号(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

L28型改 71年式 日産 フェアレディZ記事一覧

関連記事:フェアレディZ記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo: Motosuke Fujii(SALUTE)/藤井元輔(サルーテ)

RECOMMENDED

RELATED

RANKING