わずか4カ月、約200台を生産しただけで幕を閉じたR|73年式 日産 スカイライン HT 2000 GT-R Vol.3

わずか4カ月、約200台を生産しただけで幕を閉じた日産スカイラインHT 2000GT-R C110。

 そのため、当時からケンメリGT‐Rの希少価値は高く、中古車市場にもほとんど流通することはなかったようだ。そんな貴重なKPGC110のオーナーが舟越鉄太郎さんだ。今から29年前、当時30歳だった舟越さんはPGC10(4ドア)のオーナーだったが、KPGC10(2ドア)に乗り換えようと探していたところ、偶然、KPGC110の売り物に出合ったらしい。当然、当初の予算はオーバーしてしまうが、貴重なKPGC110を購入できるチャンスなどあまりないと思い、購入を決意。以来、ボディや下回りのレストア、エンジンOHをはじめ、足回り、ブレーキなどは、サーキット走行を楽しめるようにチューンナップが施されている。





 「ハコスカ」と並び、「ケンメリ」の愛称で人気の高いC110スカイライン。現在のGT‐Rに受け継がれる伝統を築き上げ、一大ブームを巻き起こした日産が誇る名車なのだ。


グリルの「GT-R O.C」と「FISCO CLUB」のカーバッジ。装着位置は、GT-R O.Cの会報に書かれていて、写真の位置の左右逆が正しい。グリル塗装時に間違えて組み付けられたそうだ。




右リアのピラーバッジには、「R」の文字が刻まれている。左側はフューエルリッドで、鍵でロックを解除して開く仕組み。中の給油口キャップは、狭くて意外と回しづらい。



キャブレターはウエーバー45DCOEに変更し、キャブ仕様では珍しいインダクションボックスを装備している。



73年式日産スカイラインHT 2000GT-R(KPGC110)主要諸元
●全長4460mm
●全幅1695mm
●全高1380mm
●ホイールベース2610mm
●トレッド前/後1395mm/1375mm
●最低地上高165mm
●室内長1790mm
●室内幅1340mm
●室内高1125mm
●車両重量1145kg
●乗車定員5名
●最高速度200km/h
●登坂能力tanθ0.46
●最小回転半径5.2m
●エンジン型式S20型
●エンジン種類水冷直列6気筒DOHC
●総排気量1989cc
●ボア×ストローク82.0×62.8mm
●圧縮比9.5:1
●最高出力160ps/7000rpm
●最大トルク18.0㎏-m/5600rpm
●変速比1速2.906/2速1.902/3速1.308/4速1.000/5速0.864/後退3.382
●最終減速比4.444
●燃料タンク容量55L
●ステアリング形式ボールナット
●サスペンション前/後ストラット/セミトレーリングアーム
●ブレーキ前後ともディスク
●タイヤ前後とも175HR14
●発売当時価格163万円


掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年4月号 Vol.150(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

73年式 日産 スカイライン HT 2000 GT-R 記事一覧

関連記事:スカイライン記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Motosuke Fjii/藤井元輔

RECOMMENDED

RELATED

RANKING