松田次生選手 GT-Rを語る N2d名物 GTドライバー トークショー 

日本最大級のクラシックモーターショー、ノスタルジック2デイズのメインステージでは、特別展示車両にかかわった開発者やレジェンドドライバーによるトークショーが行われた。

 今回は例年以上に豪華ゲストが勢揃い。また、昨年に引き続き現役スーパーGTドライバーの松田次生選手も登場。

 これらゲストを相手に、司会進行するのはご存知、安東弘樹アナウンサー。アシスタント司会の久遠まいさんとともに、ここでしか聞けない当時の裏話を引き出しした!




松田次生選手とGT-R

日産ワークスのエースドライバーとして内外のレースで活躍している松田次生さんは、昨年に続き2度目の出演。松田さんは大のクルマ好きとしても知られ、多くのクルマを乗り継ぎ、最近は歴代のスカイラインGT‐Rも所有するようになっている。

 「スーパーGTでチャンピオンを獲ったとき、GT‐Rニスモを買ったんです。大坂なおみさんはもらったけれど、ボクは自腹で買いました(笑)。

 ハコスカのGT‐Rはオーナーが乗れなくなったから、と譲ってくれたのです。伝説を生んできた名車ですからこの機会を逃したら次のチャンスはないだろうと思いました。エンジン音も感動しましたね。戦闘機のような音なんです。

 キャブだから、クルマと対話している感じが強い。今のクルマにはない感動がありますね」とその魅力を熱く語った。 ハコスカGT‐Rを手にいれたことにより、松田次生さんはクルマとの付き合い方が変わったと言う。

 「イジって乗るのが好きなんですが、ハコスカはノーマルのまま乗ることにしました。基本的にはノーマルで、キャブなども純正仕様のまま乗っています。ボディの程度はよかったのですが、やはり年代物ですからドア周りなどが錆びていたんです。それを直してもらい、オーバーフェンダーもきれいに仕上げました。こういうクルマを手に入れると、いろいろな人とコミュニケーションが生まれますね。直してくれる職人さんの匠のワザにも感激しました」。

 ハコスカを手に入れたことによって違う世界を知ったと感激し、数少ない休日にはお忍びでハコスカの写真を撮りに行ったり、首都高速を走り回っているエピソードも披露してくれた。







スカイラインGT-Rや旧車への思いをステージで熱く語った松田次生さん。ステージを下りてからファンとのサイン会を催し、質問や写真撮影にも気さくに応じていた。

text:Hideaki Kataoka/片岡英明、Akihiko Ouchi/大内明彦 photo:Motosuke Fujii/藤井元輔

RECOMMENDED