違いがわかりますか? 240ZGだけに与えられた特権「Gノーズ」。Z432と人気を二分するグレード|73年式 日産フェアレディ240ZG Vol.2

S30、そのラインナップのなかでも初代を象徴するモデルといえばこの2つだ


 まず「4バルブ・3連ソレックスキャブレター・2カムシャフト」に由来するZ432。

このモデルの特徴は、何といっても搭載エンジン。ボンネットの下には、日産スポーツカーの雄、スカイライン2000GT-Rと同じ、S20型が収まる。

そのパフォーマンスの高さはいうに及ばず、スポーツカーファンを熱狂させた。

また、このZ432には80kgの軽量化を果たした競技用の〝R〟も用意されている。


 そしてもう1台が今回の撮影車両である240ZG。このモデルの登場がもたらした衝撃はとてつもないものだった。

L24型2.4L直列6気筒SOHCは、国内向けのS30では最大排気量となり、150psのハイパワーを発揮。

しかし、そのパフォーマンス以上に強烈なインパクトを与えたのがスタイリングだ。

〝G〟ノーズと呼ばれるエアロ・ダイナノーズや、60mmもワイドになるリベット留めのオーバーフェンダー、空力性能の向上にも貢献するヘッドライトカバーが、240ZGだけに与えられた特権。

その迫力は、ライバルとされていたポルシェ911をも凌駕するほど群を抜いていた。



240ZGにのみ与えられたオーバーフェンダー。ルックス面ではZ432をもしのぐ魅力がある。



ヘッドレスト一体型のシート。後期型は背もたれのエア抜き口がない。



オーナーのこだわりでもある純正のスチールホイール&フルホイールキャップ。社外ホイールに履き替えている個体が多いなか、この組み合わせは希少だ。



インテリアは事故の際、新品パーツに交換している部分が多いため、今でも良い状態が保たれている。改良や車種追加によりダッシュボードやセンターコンソールの形状が異なる。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年4月号 Vol.150(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

73年式 日産フェアレディ240ZG 連載記事一覧

関連記事:フェアレディZ記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:HIRANO AKIO/平野 陽

RECOMMENDED