スーパーサルーンNISMOにエンジンやミッションを載せ替え! そしてさらにVRのエンジンドナーを確保|EB12 サニー1600ツインカム Vol.3

諦めきれず、中古車販売店や雑誌で代わりのVRを探したものの皆無に等しい状態。せめてCA16型エンジンを積む1600ccモデルを何としてでも手に入れたいと思っていたところ、遠く埼玉で中古車を発見。

それが現在のEB12サニー1600ツインカム・スーパーサルーンNISMOだった。

そして佐々木さんは、ダメージを受けなかったVRのエンジン、トランスミッション、サスペンションなどの主要コンポーネントをスーパーサルーンNISMOに移植。

こうして外観は豪華仕様だが、中身はバリバリのラリー仕様という、世界に1台の新生サニーVRが完成したのだった。



 毎日の通勤をはじめ、ラリー参戦も楽しんだ新VRだったが、約3年前に今度はエンジンがブロー。しかし新潟でドナーとなるVRを発見することができて、本誌の取材後に載せ替えることになった。

 サニーVR魂は、佐々木さんのハートで赤々と燃えさかっている。



Aピラーに沿ってロールケージが入っているコクピット。フロアカーペットはすべて取り外してある。



助手席前のダッシュボードには、ラリーコンピューターJX555とマップツインE-2を装着。競技のための機能を追求したスパルタンな空間となっている。



リアの車室にクロスバーを入れたロールケージを取り付けたため2名乗車に変更。そのため改造車検を取得している。


新VRは、エンジンブローした状態でしばらく保管されていたが、偶然にも昨年4月に本物のVRのドナーを手に入れることができた。そのため、近々CA16DE型エンジンの換装を行う予定となっている。それが終われば、新VR復活! となるのだ。

掲載:ノスタルジックヒーロー2010年11月号増刊 ハチマルヒーロー vol.14(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

EB12 サニー1600ツインカム 記事一覧

関連記事:サニー 記事一覧

text & photo:Nostalgic Hero/編集部

RECOMMENDED

RELATED

RANKING