アテーサE‐TSの4駆システムもBNR32 GT-R譲り! GTカーの本質を具現化した4ドアセダン|日産 スカイライン オーテック バージョン Vol.2

RB26DETT型をベースに新開発されたRB26DE型エンジンを搭載。ターボを廃し、吸排気、カム、ピストンなどを仕様変更。自然吸気フィールを生かしながら、最高出力220ps、最大トルク25kg‐mを獲得。

これをR32GT‐Rに搭載されたアテーサE‐TS(電子制御トルクスプリット4WDシステム)で4輪に分配している。


シートにはセンター部分に人工皮革のエクセーヌを採用した。ドアトリムにもエクセーヌを使う。


フロントフェンダーにオーテックバージョン専用オーナメントが装着された。



ベースが2Lターボを搭載した4WDモデル、GTS-4なのでコーションプレートのエンジン記載はRB20DETとなっている。

掲載:ノスタルジックヒーロー2010年11月号増刊 ハチマルヒーロー vol.14(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

全ての画像を見る

日産 スカイライン オーテック バージョン連載記事一覧

スカイライン記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Inuduka Naoki/犬塚直樹

RECOMMENDED

RELATED

RANKING