「イタリア」「過去」「未来」。3種類のデザイン案があった限定車|フォード フェスティバGT-A Vol.3

イタリア風、近未来風、レトロ風という3案がプレゼンテーションされて、GT-Aではイタリア風が採用された。完成したクルマはフロントまわりの表情が一新。丸形2灯のヘッドライトが印象的なのだが、これを実現するために、フロントフード、左右のフロントフェンダー、前後のバンパーなどをFRP製の専用パネルに付け替えるなど、とても大がかりな変更が施されていた。



左右のシートは旧車風のデザインが気に入って購入。フルハーネスのシートベルトはシュロス。



アルミホイールはオーナーの好みで、イタリア車風のデザインのエンケイ・ディッシュをチョイス。



マフラーは、フジツボ製のフェスティバ用に交換。純正と同じ、デュアルエキゾーストパイプだ。

全ての画像を見る

フォード フェスティバGT-A連載記事一覧

関連記事:フェスティバ車種記事一覧

掲載:ノスタルジックヒーロー2010年11月号増刊 ハチマルヒーロー vol.14(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Yuki Sawada/ 澤田優樹

RECOMMENDED

RELATED

RANKING