3台目! ツヤ消しボディにカレラ風ストライプ|クロサメ商会Nコロ3連星 Vol.6|ボアアップ400㏄Eg搭載のホンダN360 M

クロサメ商会にNコロブームを巻き起こした張本人、豆塚保春さん。タテグロにはじまり、68年式→65年式→63年式インパラ、87年式モンテカルロ、50年式シボレー300、55年式ベルエア、N360、キャロル、ミニカ、フェローMAX、LN360など、フルサイズのアメ車と、国産軽自動車という組み合わせでクルマ道楽を楽しんできている。

 豆塚さん自身、クルマイジリが好きで、今回紹介する3台とも、ベースから手がけたNコロだったりするのだ。

関連記事:クロサメ商会のNコロ達に関する記事

「自分が手がけたNコロなんで、仲間に乗ってもらって、身近に置いておきたかった」とコメント。気に入ったクルマだからというのと、自分が手がけた以上、トラブルがあっても近くだったら面倒を見られるということなのだ。


ツヤ消し水色のボディサイドに入れられたポルシェ風のHONDAロゴも、豆塚さんのアイデアで、とても似合っている。


ライフのピストンにより400ccにボアアップされた強制空冷2気筒SOHCエンジン。1キャブ仕様ながら、想像以上の速さを見せる。



当時の8トラックデッキ内にETCの本体をインストールし再利用。



ホイールは純正スチールの10インチ。ホイール本体はツヤ消し黒で塗装し、ホイールキャップを装着していて、スポーティーなイメージに見せているのがうまい。



フロントフェンダーに装着されている純正エンブレム。大きい「M」の文字は、グレードを表している。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2013年2月号 Vol.155(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

関連記事:クロサメ商会のNコロ達 の記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 Photo:Nobutaka Koremoto/是本信高

RECOMMENDED

RELATED

RANKING