インパラから乗り換え!? タータンチェックをあしらった旧ミニ風スタイル|クロサメ商会Nコロ3連星 Vol.4|ホンダNⅢ360 スーパーデラックス

64年式インパラ・コンバーチブルから、結婚→子供が生まれることもあって、2012年2月にNⅢに乗り換えた及川浩平さん。27歳とクロサメ商会でも若いメンバーで、アラフォーの平田さんや豆塚さんの後輩にあたる。

「先輩がNコロに乗っているのを目の当たりにして、いいなーと思っていました。インパラを手放した際に、豆塚さんからNⅢを紹介され、購入に踏み切りました」と及川さん。

関連記事:クロサメ商会のNコロ達に関する記事

 今回紹介するNコロの中では、最もノーマル風に見えたが、しっかり個性的なカスタムも施されている。このNⅢのポイントは、ルーフに設けられているサンルーフ。当時、ホンダから発売されていたサンルーフはキャンバストップだったが、及川さんのNⅢにはガラスサンルーフが装着されている。



まだ手を入れていないエンジンルームは、かなりヤレた状態だが、エンジンは快調そのもの。スペアタイヤは当時のままのようだ。



サンバイザーとドアハンドルもリメイク済み。ガラスサンルーフのフレームは、かなりしっかりしているのも分かる。



タータンチェックのマッドフラップは目を引くポイント。



及川さんのNⅢスーパーデラックスは、左に10000rpmまで目盛られたタコメーター、右に140km/hのスピードメーター、中央はフューエルメーターというシンプルな構成。



後付けされたガラスサンルーフは、開閉も問題なく、気密性も維持していて、雨漏りの心配も今のところなし。このガラス面にホンダの「H」マークを入れる予定。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2013年2月号 Vol.155(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

関連記事:クロサメ商会のNコロ達 の記事一覧

text:Nostalgic Hero/編集部 Photo:Nobutaka Koremoto/是本信高

RECOMMENDED

RELATED

RANKING