彼女の希望は「後期の4ドアボディで、青と白の2トーン」!|女性オーナーが愛するマツダ キャロル360 Vol.2

ブルーとグレーの2トーンのシートは、前オーナーが張り替えたもの。色合いもよくて、気に入っているようだ。彼女が持っているのは自作のクッション。

「キャロルが欲しいって奥多摩のミーティングの時に叫んでいたら、探してきてくれたんです。本当は、5年後くらいのつもりだったんですが、希望通りのキャロルだったんで、買うしかないと思ったんです」とうれしそうに話す。

 彼女の希望というのが、「後期の4ドアボディで、青と白の2トーン」というのみ。エンジンやボディに関しては、ISUZU SPORTSにおまかせ。購入を決めた後に、クラッチやブレーキ回りの整備を行ってもらったそうだ。

 しかも、ラッキーなことに、内装は前のオーナーが張り替えてくれていたらしく、汚れや破れは全くなく、新車のようにパリっとしていたことも購入を決めた理由の一つだったりする。メーターやステアリングなどは純正部品が揃っていて、希望以上のキャロルだった。


関連記事:人生いろいろ車もいろいろ。女性オーナーと、愛しの旧車たち。〈Nosweb.jp まとめ〉




撮影の為に窓を拭く彼女。その様子は楽しげだ。



純正ステアリングは、ひび割れや欠けている部分もなく良好。メーター回りやダッシュボードにも割れはない。



リアのエンジンフードの曲線も美しいポイント。右端に「Deluxe」のエンブレムが付いている。



フロントのトランク内には、前のオーナーが購入して入れておいたと思われる、チョークワイヤーやガスケットなどの純正部品が入っていた。これもラッキー!

全ての画像を見る

女性オーナーが愛するマツダ キャロル360連載記事一覧

関連記事:キャロル記事一覧

人生いろいろ車もいろいろ。女性オーナーと、愛しの旧車たち。〈Nosweb.jp まとめ〉

※パブリカの記事はWEB未掲載です。

掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年10月号 Vol.153(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:INOUE MAKOTO/井上 誠

RECOMMENDED

RELATED

RANKING