彼女のクルマは40年前の3輪車。|錆びたままを愛している女性オーナー ダイハツ・ミゼット Mp5 Vol.1

待ち合わせ場所には、彼女自ら運転して現れた。独特なそのフォルムと軽快な2ストサウンド。そして後方にたなびく青白い排気煙は、どこから見てもユニークな存在だ。ニコニコとほほ笑みながら、彼女は小さな車体の小さなキャビンにスッポリ収まっていた。

「レストアしないのかってよく聞かれるんだけど、絶対にイヤ! だって40年以上かかって錆びてきたんだよ。本当にボロボロだったら機能的に困るけど、まだ大丈夫。ほら、荷台に書いてあった看板も、うっすら残っているでしょ。だから絶対に塗装なんかしないの」

 手に入れたのは2011年5月。乗り物好きの彼女は大型のスポーツバイクにも乗るおてんば(失礼)。ミゼットは映画で見て一目ボレ。あまりのかわいさにノックダウンされ、ミゼットのレストアで経験豊富なビンテージカーショップに探してもらったという。メカニックが選んだ個体は、ごらんのように表面は錆びているものの、機関もボディも程度抜群。ベース車としても上々だが、彼女はあえて塗装せずに、メンテナンスを施して乗ることにしたのだ。

関連記事:映画で見て一目惚れ! 「おじいちゃんだからかわいい」|錆びたままを愛している女性オーナー ダイハツ・ミゼット Mp5 Vol.2



改築されないまま存在する東海道線の駅舎とミゼットMP5がレトロな雰囲気。かつてはどこででも見かけた普通の風景だ。大切に残したいものは、身近にもたくさんあるのだ。



アマガエルのような顔つきが一番のお気に入り。MP5は特に丸みを強調したボディラインが特徴である。歪んだバンパーもご愛嬌。



シンプルな運転席。大きく見えるステアリングは、直径36cmほど。オドメーターの数字は7400kmを示していて、状態から察すると実走距離と思われる。


掲載:ノスタルジックヒーロー 2012年2月号 Vol.149(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

photo& text : MORIYAN/森下光紹

RECOMMENDED

RELATED

RANKING