3Lモデルで前期型と同じなのはドアとリアゲートだけ|日産 フェアレディZ 2シーター 300ZX Vol.3

ヘッドライト本体が垂直に立ち上がる「パラレルライジングヘッドランプ」を採用。オーナーの好みでイエローバルブを装着。またバンパーに付くフロントコンビネーションランプとスポイラーは、純正の欧州仕様のものに変更されている。

フルモデルチェンジに匹敵するリデザイン



Z31は、86年10月に大きな転機を迎える。

日産の北米におけるデザイン拠点であるNDIの主導で、フルモデルチェンジに匹敵するリデザインを敢行。

今回の撮影車両である3Lモデルは、左右のドアとリアゲート以外の外装パーツがすべて一新された。



関連記事:較べることの無意味さを教えてあげよう。そして|日産 フェアレディZ 2シーター 300ZX Vol.1


リアスポイラーは、ディーラーオプションのものを車体色に塗装している。リアコンビネーションランプ中央には、欧州仕様のバックフォグ用のレンズユニットを装着する。



ホールド性に優れたスポーツタイプのバケットシートは、ドライバーの体形に応じて8つの部位を調整できる8ウェイシートを採用する。



センターコンソールに付く木目調パネルは300ZXの専用パーツ。


掲載:ハチマルヒーロー 2010年 05月号 vol.13(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Isao Yatsui/谷井 功

RECOMMENDED

RELATED

RANKING