レトロなラジオがお気に入り! 「みんなに自慢したいクルマ」女性オーナーが愛する|彼女のB10サニー1000 Vol.3

最初のトラブルは10年7月のこと。

それまで快調に走っていたのだが、ブレーキの効きがおかしいと思ってチェックしてもらうと、ブレーキの片効きを発症していた。

さらに、11年7月にはマフラーが抜けてしまい、爆音状態になったのだ。


 また、無謀にも仙台ハイランドで開催されるドラッグレースの観戦に遠征。

周りからは心配されながらも、無事に仙台駅に到着。ところが、何の前ぶれもなくあえなくエンジンが停止。

この時はどうなるかと思ったらしいが、同乗者の懸命な作業により復活し、帰ってくることができたそうだ。

関連リンク:「変な音がするとビビっちゃいます!」旧車に詳しくないけど一目惚れして即決購入|彼女のB10サニー1000 Vol.1

「ただカッコいいから乗っているだけなので、エンジンがかからなかったり、変な音がするとビビってます。

頼りになるショップや仲間が助けてくれるので、どうにか楽しく乗れてましたが、今後は勉強して、自分でも何とかできる、カッコいいオーナーになりたいです」と今後の目標を語ってくれました。


所有歴2年という旧車ビギナーの彼女。トラブルに遭遇してもカッコいいから乗り続けるとのこと。



レトロなラジオが気に入っているという。シートに関しては純正の生地があったら張り替えたいとのこと。


純正の雰囲気を壊さないため、グローブボックス内にヘッドユニットとETCを追加している。


吊り下げ式のクーラーは、B110サニー用を流用している。B10サニーにもオプションでクーラーの設定があったため、違和感なく装着できている。

掲載:ノスタルジックヒーロー 2011年 10月号 vol.147(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:Nostalgic Hero/編集部 photo:Motosuke Fujii/藤井元輔

RECOMMENDED

RELATED

RANKING