どのポルシェセンターでもクラシックモデルに対応!|ポルシェ クラシック パートナー  Vol.1

ポルシェクラシックパートナーでは、どんなモデルにも対応してくれる

●ポルシェ・クラシック

現存率の高さは、ポルシェのサービスが徹底されているからこそ


ポルシェでは、クラシックモデルに対応するサービスをどのポルシェセンターでも行っている。メーカーが主導して愛車のケアにしっかり対応する制度を設けている。

 対応車種は基本的にどの時代のどのモデル(並行輸入車も)でもOKという。ただし補修や修理とそれらに伴うパーツ供給などを進めていくには、まずは個体を保安基準に適合する状態にすることになる(詳細は最寄りのポルシェセンターに要相談で、要望と内容をコーディネートしてくれる)。

関連記事:『本当にレストアするの?』|最後の4ドアGT-R!? 伝説を生み出した「狼」 Vol.3


ポルシェクラシックパートナーでは、専用のディスプレーを施したコーナーを設けることが義務づけられている。
また本来はクラシックモデルも展示することになっているが、人気が高くすぐに売れてしまうため、残念ながら取材時には展示車両がなかった。




 そしてレストアに関しては、主にポルシェクラシックパートナーの拠点での扱いとなる。自社でレストアをする体制を整えているクラシックパートナーは国内に4拠点あり、今回、訪れたポルシェセンター青山の世田谷認定中古車センターは、そのうちの1つ。

 また本国のシュトゥットガルトにある、本社ファクトリーでの「ファクトリーレストア」も、ポルシェクラシックパートナーを通じて依頼することができる。クラシックポルシェを安心して維持・所有するための最も有効な場所がポルシェクラシックパートナーとなっているのだ。

 多くのポルシェオーナーは、本国が監修しているこれらの取り組みに感動するに違いないだろう。歴代モデルの現存率が高いポルシェにとって、より価値を高めてくれる対応といって間違いない。




ポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センターは、国内に4拠点ある「ポルシェクラシックパートナー」の1つ。
基本はポルシェの中古車販売だが、どんなポルシェのメンテナンスに対応してくれる。
クラシックポルシェに関しては、販売はもちろんレストアまで請け負う。
クラシックモデルへの対応は通常のポルシェセンターでも対応するが、クラシックテクニシャンマイスターが在籍する店舗ということで、重要な拠点となっており、より高い安心感を提供してくれる。

ポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センター
住所:東京都世田谷区桜3-15-13
TEL:03-5426-2111
営業時間:9〜18時 
休日:年中無休



ゼネラルマネージャー 村山 正さん
世田谷認定中古車センターを率い、クラシックポルシェの在り方をしっかりビジネスにつなげている。
物件が店頭に並ぶ前に売れてしまうのが、うれしい悩みといったところ。


クラシック部 筒井一樹さん
クラシック部門のマネージャーを担当しており、お客さまの要望をしっかり具現化してくれる。
もちろんポルシェクラシックに関する研究も熱心に取り組んでおり、頼りになる存在と言える。



整備課Goldテクニシャン 菊池 剛さん
空冷エンジン車から現代のモデルまで、幅広い知識と整備テクニックは、世田谷認定中古車センターでは随一。
多くのポルシェオーナーにとって、ありがたく強い味方だ。



ポルシェジャパン 入江健次さん
ポルシェジャパンのアフターセールス部のクラシック担当。1986年から33年間、ポルシェに携わっている。
販売店勤務の経験もポルシェのお客さまの立場で考えて仕事をしている。



掲載:ノスタルジックヒーロー 2019年10月号 Vol.195(記事中の内容はすべて掲載当時のものです)

text:NostalgicHero/編集部 photo:Ryota Sato/佐藤亮太

RECOMMENDED

RELATED

RANKING